• ホーム
  • ヘルペスにならないための予防方法

ヘルペスにならないための予防方法

ヘルペスにならないためには日頃から予防することが大事です。特に性交時に感染することがあるので、コンドームの装着が理想的です。性交時のコンドームだけでは、予防が難しい上に、ウイルスは粘膜の傷や湿疹から侵入するため、性器に傷がある人は性行為を避けたほうがよいでしょう。

また水疱瘡のウイルスがヘルペス感染を起こすので、予防接種も有効な予防方法です。水疱瘡にはワクチンの予防接種が効果的ですが、完全に防ぐことは難しいとされています。水疱瘡に感染した人にはなるべく近寄らないように気をつけたいものです。

またストレスや体調不良などで抵抗力が弱っている度、ヘルペスの感染を起こしやすくなります。なるべくストレスを溜めないように、気分転換を図ることも大切です。風邪をひいたら早めに休む、日頃から栄養不足に気をつけるなどの心掛けがヘルペスの予防方法にもなります。

紫外線対策をきちんと行うことも、ヘルペスの予防方法としては大切なことです。紫外線は皮膚のバリアを低下させ、細胞の抵抗力を弱めます。紫外線対策にはマスクやメガネ、帽子などが良い方法ですが、スキンケアも同時に行いましょう。保湿クリームや日焼け止めをしっかり塗り、肌を紫外線から守るように心掛けます。強力な紫外線は、シミやシワの原因となることからも、なるべく避けて生活するほうが賢明です。

特にアトピー性皮膚炎の人は、皮膚のバリアが低下しているのでヘルペスになりやすい傾向にあります。アトピー性皮膚炎の人がヘルペスを繰り返すのはこのためです。アトピー性皮膚炎の人は、普段からスキンケアにつとめ、肌をウイルスからガードしましょう。

もしもヘルペスになってしまったら、患部を絶対に手で触らないことです。ウイルスが付着した手で体の他の部分をさわると、そこにウイルスが付き発症することがあります。ウイルスがついた手で他人の体を触ったり、触れたりするのもだめです。タオルやコップ、グラスなども共用するべきではありません。家族間でお互いに感染しないように予防方法を考えることが大切です。

長期間の旅行や移動、引っ越しなどの肉体的負担が大きい行動は心身ともにストレスになることがあります。疲れやストレスはなるべく溜めずに、疲れたと思ったら早めに休憩することが大事なことです。日常生活に気をつけることで発症率を抑えることが可能になるので、できるだけ健康的な生活を心がけることがポイントです。

関連記事
ヘルペスの種類と症状のまとめ 2019年09月14日

口唇ヘルペスや性器ヘルペスを起こす単純ヘルペスと、帯状疱疹をおこす水痘・帯状疱疹ウイルスの2つがあります。ふたつの疾患は一見よく似ているので混同しがちですが、別々の疾患です。帯状疱疹ウイルスは体内に潜んでいた水疱瘡のウイルスが、抵抗力が落ちた際に暴れだすのが原因です。帯状疱疹ウイルスは体の左右どちら...

ヘルペスの治療薬にはバルトレックスが効く 2019年09月17日

ヘルペスの治療には内服薬や外服薬の両方が使われます。抗ウイルス剤であるバルトレックスは他の抗ウイルス剤に比べて、吸収率が良いので単純ヘルペスウイルスの場合には1日2回の服用で効果を現します。また、ゾビラックスも同じ抗ウイルス剤ですが、顆粒状もあるので大変飲みやすいので小児に適用される薬です。塗り薬は...

妊婦がヘルペスに感染すると胎児に影響を及ぼす 2019年11月17日

もしも、妊婦さんがヘルペスに感染してしまうと胎児に影響を及ぼす可能性が高くなります。日本では15000人から20000人に一人と、発生率は低いのですが重篤な症状です。出産の前後にヘルペスになった新生児は新生児ヘルペスと呼ばれています。分娩時に胎児が産道を通る際にヘルペスウイルスに感染すると、出産して...

ヘルペスは再発を繰り返すので完治するまで治療を続ける 2019年09月23日

抗ウイルス薬は治療に役立つ薬ですが、ヘルペスは再発を繰り返すことがあります。そのため、できるだけ再発しないように予防につとめることが一番です。予防方法としては、日常生活に気をつけることが大切です。睡眠不足は体の免疫力を低下させるので、ヘルペスをはじめいろいろな病気にかかりやすくさせます。安眠できるた...

ヘルペスの塗り薬の種類と効果 2019年09月19日

ヘルペスには現在アクチビア軟膏やアラセナSなどの塗り薬が発売されています。また口唇ヘルペスの再発にはヘルペシアクリームがあります。どの塗り薬もドラッグストアで手に入れることが可能です。ヘルペシアクリームは、抗ウイルス剤であるアシクロビルが含まれています。そのため、ヘルペスが増殖するのを防いで、再発を...