• ホーム
  • 性病は若い世代に急増しているので注意

性病は若い世代に急増しているので注意

現在性病は若い世代に増加しています。特に20代前半の若い女性に性病の発症率が高いことが知られています。若い女性の中には複数の人と性行為することにためらいがない場合もあり、性病を増加させる原因の一つとなっているのです。

性病を若い世代に拡大させないためには、性病に対する正しい知識を持つことが第一です。まずは、性行為時にはコンドームをつけることを徹底するべきです。複数の人との性行為は慎み、パートナー間であってもコンドームを着用したほうがよいでしょう。オーラルセックスも感染の原因となることがあります。

特に感染するリスクの高い人として、25才以下で定期的に性行為をする人があげられます。また、未婚で複数のパートナーがいる人も要注意です。一度感染した経験のある人は、感染源を断たない限り、再び感染する恐れがあります。また最近パートナーが変わったばかりの人や、パートナーを頻繁に変えているひとは大きなリスクがあると言えます。ネットで知り合った人と性行為をする際には、できればお互いの健康状態を確認してからのほうが賢明です。

性行為の前と後にはきちんとお風呂に入り、体を清潔にすることも大事なことです。手はきれいに洗い、爪もきちんと切って清潔にしておきましょう。また、性行為の際には肛門を触った手で外陰部や膣などの性器に触れないことも知識として知っておく必要があります。

性病の中には自然に治るものもありますが、多くはきちんとした治療が必要です。放置しておくと深刻な状態になったり、ときには命の危険を伴うことがあります。性病に対する知識がないまま成人すると、自分の体を守ることができなくなりリスクが高くなります。性病にはどんな病気があり、どのような症状がでるのか、知識として知っておくことは非常に重要なことです。

また万一、感染したと思ったら、速やかに検査を受けることも大切です。たとえば保健所や医療機関などに速やかに出向いて、正しい検査を受けることが病気の治療に必要になります。これから赤ちゃんを産む若い世代が、将来不妊症で悩まないためにも性病の対策はとても重要です。

いつもと体がおかしいと感じたら、すぐ医療機関で検査や診察を受けるように心掛けたいものです。医療機関に行くのにためらいがある人は、検査キットも通販で発売されています。このような自己採取キットは大変便利ですが、医療機関でしか検査できない病気もあります。

関連記事
性病に感染したら放置しないで早期治療で完治しよう 2020年01月24日

近年、性病に感染する若い女性が増えています。初期には無症状のことが多く、軽い違和感程度の症状しか起きないので気づかないまま経過してしまうことがあります。性病はきちんと治療すれば完治が可能な病気です。性病はパートナー間でピンポン感染するので、男女どちらが感染しても必ず二人で治療することが大切です。性病...

ヘルペスは目にも感染するので要注意 2019年12月16日

ヘルペスは目の角膜にも感染することがあります。ふだんは三叉神経に潜んでいるヘルペスウイルスが、体調不良などをきっかけに角膜で活性化することが原因です。角膜に感染したヘルペスが角膜ヘルペスです。ふだん規則正しい生活をしていても、風邪や体調不良などをきっかけに発症することがあるので、油断は禁物です。角膜...

ヘルペスの種類と症状のまとめ 2019年09月14日

口唇ヘルペスや性器ヘルペスを起こす単純ヘルペスと、帯状疱疹をおこす水痘・帯状疱疹ウイルスの2つがあります。ふたつの疾患は一見よく似ているので混同しがちですが、別々の疾患です。帯状疱疹ウイルスは体内に潜んでいた水疱瘡のウイルスが、抵抗力が落ちた際に暴れだすのが原因です。帯状疱疹ウイルスは体の左右どちら...

ヘルペスの治療薬にはバルトレックスが効く 2019年09月17日

ヘルペスの治療には内服薬や外服薬の両方が使われます。抗ウイルス剤であるバルトレックスは他の抗ウイルス剤に比べて、吸収率が良いので単純ヘルペスウイルスの場合には1日2回の服用で効果を現します。また、ゾビラックスも同じ抗ウイルス剤ですが、顆粒状もあるので大変飲みやすいので小児に適用される薬です。塗り薬は...

妊婦がヘルペスに感染すると胎児に影響を及ぼす 2019年11月17日

もしも、妊婦さんがヘルペスに感染してしまうと胎児に影響を及ぼす可能性が高くなります。日本では15000人から20000人に一人と、発生率は低いのですが重篤な症状です。出産の前後にヘルペスになった新生児は新生児ヘルペスと呼ばれています。分娩時に胎児が産道を通る際にヘルペスウイルスに感染すると、出産して...