公開履歴
ウィルス

ヘルペスは飛沫感染などの接触感染で感染する、感染力が非常に高い疾患です。
このウイルスはもともと水ぼうそうを引き起こすウイルスで、日常生活で簡単に感染します。
感染力が高いのでセキやタオルの共用といった通常の生活で感染してしまいます。

一度感染すると体内に潜み、発症の機会を狙っています。
そのため免疫力が低下した風邪や疲れなどの状態で再発するので注意が必要です。
完全に予防することはできませんが、日常生活に気をつけることで再発を予防することが可能です。

ヘルペスは免疫力が低下すると出やすい

通常の生活では感染しませんが、ストレスや風邪などの免疫力低下の際に発症しやすくなります。
風邪を引いた時に、口の端に口唇ヘルペスができやすいのはそのためです。
ウイルスは1型とⅡ型がありますが、1型の口の端にできるタイプは日本人に多く、感染したのを知らずに治っているケースもあるほどです。

1型は主にほおずりやキスなどの接触感染、食器やタオルなどからの物からも感染します。
また、相手がセキをしたり、くしゃみをすると、粘膜や皮膚にウイルスが付着し、接触感染もしくは飛沫感染します。
また皮膚に傷があったり、湿疹があったりするなど粘膜からの感染も多くなっています。
ふだんから湿疹や肌荒れなどしやすい人は、保湿クリームなどでスキンケアを十分に行い、感染予防につとめることで感染しにくくなります。

2型は性行為などから感染する性器感染です。
性器に小さな傷や湿疹があるとそこからウイルスが侵入し、感染を起こします。
相手がヘルペスに感染している場合は、性行為は慎みましょう。

また強力な紫外線も免疫力の低下の原因となります。
紫外線に長時間さらされると、皮膚の細胞が傷つき、炎症を起こします。
なるべく強力な紫外線を浴びないようにすること、帽子やメガネなどで紫外線から身を守ることなどの工夫も必要です。
セキやくしゃみをしている人に接近すると飛沫感染を起こしやすいので、相手が体調不良の際にはマスクをしたり、なるべく距離を置くようにするのも良い方法です。

その他、不眠や栄養状態が悪いときにも発症してしまう傾向があります。
規則正しい生活はもちろんですが、過度のダイエットや偏食も感染力を高めてしまいます。
疲れを残すことは、体調の悪化や免疫力低下を招くので絶対に避けるべきです。
疲れたと思ったら早めに就寝することは、健康維持にも大いに役立つ方法です。

冷たい風に当たりすぎた、雪の降る中に長時間いた、などの天候不良も免疫力を低下させてしまいます。
特に免疫力が低下している老人や幼児などは重症化することがあるので、日中のお出かけが負担にならないよう十分配慮が必要です。

そのほか、アトピー性皮膚炎がある人も肌のバリアが低下しているので感染しやすいことがわかっています。
アトピー性皮膚炎の人は再発を繰り返す傾向にあるので、ふだんからスキンケアにつとめましょう。

ヘルペスの感染力は強い

健康な状態では感染しにくいですが、抵抗が弱っている人には強い感染力を発揮します。
たとえばHIV感染者などの重篤な感染症にかかっている人、新生児で抵抗力が弱い人などは要注意です。
新生児が感染すると、脳炎や肺炎、肝炎などの重い病気になることがあります。

そのほか、手術したばかりで免疫力が落ちている人も注意が必要です。
たとえばお見舞いに来た人からも移される可能性もあるので、お見舞いに行く人は自分の体調管理に気をつけなくてはなりません。
もしも自分がヘルペスとわかったら、相手に感染させないために配慮が必要です。
タオルや食器、グラスなどの共用はさけるようにしましょう。
自分が使った食器やタオル類は熱湯で消毒するとウイルスが落ちます。
罹患中は赤ちゃんにさわらない、とくにキスやほおずりなどは厳禁です。

また患部を触らないことも大事です。
患部を触ると手にウイルスが付着し、触った手が体の他の部分に触れるとそこにもウイルスが移ることがあります。
また細菌感染しやすくなるので、さわらないことが大事です。
特に水ぶくれが出来ている時にそこを破くと、そこから細菌が侵入し、治ってもあとが残ることがあります。
もしもうっかりと患部をさわってしまったら手はきれいに消毒しましょう。
できればアルコール洗浄などで洗ったほうがよいです。

ヘルペスはどこにでも繁殖するので、患部を触った手で目をこすると角膜に付着する可能性があります。
角膜で炎症が広がったものが角膜ヘルペスです。
この病気に感染すると、目がゴロゴロしたり、目の周りが傷んだりすることがあります。
角膜で感染すると白目が濁り、視力低下を起こすことがあり、やっかいです。
視力低下を起こすと治療には時間がかかり、まれに回復しないこともあるので十分気をつける必要があります。

コンタクトレンズを装着している人は、装着の際に唾液でレンズを装着するのはよくありません。
万一手に菌がついていた場合、目に感染するリスクが高くなります。
角膜炎による視力低下を起こさないためにも、感染経路に十分な配慮が必要です。

感染力は強いですが、きちんと早期に治療を行えば早期に治癒することができます。
はじめは軽いピリピリ感などから始まることが多いので、再発を繰り返す人は早めに対処するべきです。

ヘルペスに感染しないための日常生活

ヘルペスは水疱瘡と同じウイルスなので、感染しないためには水疱瘡のワクチンが有効です。
しかし、発症を完全に予防することはできないので、日常生活上の工夫が必要です。
再発を繰り返す傾向にある人は、抵抗力を弱めるような行為をなるべく避けて生活することが一番といえます。

たとえば、夜更かしや、不規則な就寝や食生活は止める、暴飲暴食を避けるといった基本的なことです。
また過度のアルコールや甘い物の食べ過ぎなども、心身に負担がかかり体調を崩してしまう原因となります。
そのほか長時間の紫外線や炎天下での行動もよくありません。
紫外線に当たると、皮膚のバリアが低下し免疫力が落ちてしまいます。

そのほか、長時間の残業や仕事、遠方への旅行なども発症の引き金になることがあります。
季節の変わり目に発症しやすいという人や、引っ越しや葬儀などで疲れが溜まって発症するケースなどがあります。
ストレスが完全になくなるのは難しいのですが、減らすことは可能です。
たとえば、すきな音楽や映画などで気分転換を図ることも時には大切です。

食事の時間は規則正しいのは言うまでもありませんが、栄養が整っているメニューであることが大事です。
副菜や主菜がキチンと揃っているか、タンパク質や野菜などもバランスよく含まれているかどうかも大切なポイントです。

女性は生理の前後に免疫力が低下しやすくなります。
生理の前後は、なるべく疲れをためないでこまめに休憩を取ることで感染を予防することができます。
疲れたと思ったら、なるべく早く休むようにこころがけましょう。
感染しないための特効薬はありませんが、健康的な生活をおくることが感染予防の鍵となります。

健康的な生活は、ほかの生活習慣病でも同じようなことが言えます。
感染を異常に恐れる必要はありませんが、あきらかに不健康な生活は避けて、健康的に生活することが日常生活の向上に役立つのです。
自分が感染してしまうと、他の人に移してしまう可能性があります。
特に妊婦さんや赤ちゃん、高齢者がいる家庭では感染に十分気をつけることが大事です。

もしも、感染がわかったら早めに抗ウイルス剤で対処することでひどくならずにすみます。
治療法には飲み薬や塗り薬がありますが、医師の処方下でのみ使用することができます。

記事一覧
ヘルペスの種類と症状のまとめ 2019年09月14日

口唇ヘルペスや性器ヘルペスを起こす単純ヘルペスと、帯状疱疹をおこす水痘・帯状疱疹ウイルスの2つがあります。ふたつの疾患は一見よく似ているので混同しがちですが、別...

ヘルペスの治療薬にはバルトレックスが効く 2019年09月17日

ヘルペスの治療には内服薬や外服薬の両方が使われます。抗ウイルス剤であるバルトレックスは他の抗ウイルス剤に比べて、吸収率が良いので単純ヘルペスウイルスの場合には1...

ヘルペスは再発を繰り返すので完治するまで治療を続ける 2019年09月23日

抗ウイルス薬は治療に役立つ薬ですが、ヘルペスは再発を繰り返すことがあります。そのため、できるだけ再発しないように予防につとめることが一番です。予防方法としては、...

ヘルペスの塗り薬の種類と効果 2019年09月19日

ヘルペスには現在アクチビア軟膏やアラセナSなどの塗り薬が発売されています。また口唇ヘルペスの再発にはヘルペシアクリームがあります。どの塗り薬もドラッグストアで手...